「猫をかぶる」を実演する「まいたおる」

 

好きなことわざは「果報は寝て待て」である店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

 

調べてみるとことわざってたくさんありますよね。

人によってはそれを座右の銘にして毎日を送っていることでしょう。

 

ただし内容によっては、あまり好ましくないものもありますよね。

今回取り上げる「猫をかぶる」というのも、その1つです。

 

スポンサーリンク

ことわざ「猫をかぶる」の意味は

「猫をかぶる」という言葉、陰口を叩くときなどに使われることが多いと思われます。

実際の意味はなんとなく知っている人もいるでしょうが、改めて調べてみるとこのようなことです。

「ある人が生まれつき持っている性格を隠し、おとなしそうに表面(外面)だけを、よく見せること。 また、あることを知っていても、知らないようなふりをすることのたとえ。」

 

猫はふだん、とてもおとなしく静かな動物と思われています。

本当の性格(実は反抗心が強かったり、活発な性格)を隠して、おとなしい猫のようなふりをすることから生まれたと言われており「猫かぶり」とも言うこともあります。

また、猫は「ねござ(夏の暑い時期に布団の上にかけるゴザ)」のことを指す説もあります。

 

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

これは、猫「が」かぶるですね(笑)

 

開き直って「猫をかぶる」を見せつけるとこうなります

まあ、陰口なんていうのは、隠そうと思っても隠せるものではなく、いつの間には本人の耳に届くものです。

これが若いうちなら、犯人と突き止めてぶん殴ってしまえばいいのですが(嘘です、捕まりますよ)、大人になると一度ついた噂はなかなか解消することができません。

それを我慢して過ごすが開き直るかしかないのですが、モヤモヤを体に溜めていいことはありません!

 

だったら、堂々と猫をかぶっているとアピールしてしまいましょう!

猫かぶり1

確かにこれなら誰が見ても猫をかぶっているのが一目でわかりますね(笑)

こちらは『まいたおる「猫をかぶる」』という商品です!

これを見せつければ、今まで陰口を叩いていた奴らも、あっけにとられることまちがいないでしょう。

(多分、陰でバカにするでしょうが、そんな奴らはもう放っておきましょう)

逆に楽しい人だなあと思われ、人気者になれるかもしれませんよ。

猫かぶり3

 

パーティーや忘年会、ハロウィンなどで楽しく使おう!

まあ、開き直ってアピールするというのは行き過ぎではありますが、本来はみんなで賑やかに使うアイテムです。

タオルと広げると、なかなか可愛いネコちゃんですよね。

猫かぶり2

このタオル、いろいろなシリーズがあるのですが、使い方の実例として、こんな感じで案内していますよ。

猫かぶり4

ナイスかナイスガイかはよくわかりませんが、これなら歌や踊り、喋りが苦手な人も、これを巻くだかで周りは大ウケですよ!

ただし、一発ギャグですので、落ち着いたらこそっと外しましょう。

タオル生地もふわふわなので、普段使いにもいいですね。

 

マネキンじゃなくて、実際にかぶっているサンプル(できれば女性)があればよかったのですが、気になる方は是非実践してみてくださいね。