家庭用の流しそうめん機は結構お手軽!

 

夏はどちらかというと冷やし中華の方が好きな店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

 

夏の食べ物といえば、やはり涼を感じる冷たいものがいいですね。

冷やし中華にかき氷、冷やしたスイカなどなど、最近では冷静パスタなんてものいいですね。

でも、やはり暑くてバテてしまう季節には、さっぱり食べられるこれがいいですね。

4efdfcb1c77843c2dd7b0291c60433a5_s

 

そう、そうめんです。

ツルツルという喉越しがたまりませんね!

そして、そうめんといえば、こちらを忘れてはいけません。

da27baa04686dc6c55a52208fc5961b0_s

 

1度や2度は体験したことがあるでしょう、流しそうめん。

こうして食べると、いつもの味気ないそうめんが美味しく感じるのが不思議ですよね。

 

スポンサーリンク

流しそうめんのはじまり

そもそも、流しそうめんのいつから始まったのでしょう?

一般的に流しそうめんは宮崎県の高千穂峡という店が発祥の地とされています。

農作業の合間に青竹と岩清水を使いそうめんを食していたのが始まりと言われており、昭和34年に始め、その後全国から注目を集め普及したようです。

一方、鹿児島県指宿市(旧開聞町)の唐船峡という店では、たらいの上でモーターを使い水の流れを起こす回転式の「そうめん流し」が発明され、昭和42年より地元の特産としてそうめん流しをアピールしています。

なお、鹿児島の唐船峡で「そうめん流し」読んだことから鹿児島を中心として「そうめん流し」と呼ばれているそうです。

流しそうめんの一般的なイメージである、竹樋に流すスタイルは見た目の清涼感があるものの、実際には準備が面倒で、実施する時も常に上からそうめんを流す人が必要で水も流しきりとなるなど手間が多いため、キャンプなどのイペントで手作りでやるぐらいで、お店で見かけることはほとんどないと思われます。

1e50b1e55dda00579cf5122db0ca02c9_s

 

また、古い記録では江戸時代、琉球で薩摩藩の役人への接待で、那覇湾の一角に崖上から落下する清冽な泉流の上源からそうめんを流し、中途ですくって食べるのが、夏の遊興の一番の楽しみであったというものがあったようです。

 

大掛かりでなくても意地でも流しそうめんがしたい

先に述べた通り、実際の流しそうめんは手間がかかるものなのですが、それでも夏を感じたいという方が多いようで、それゆえに家庭で手軽に楽しめるグッズが出ているのです。

流しそうめん1

 

そう、流し素麺器、その名も「流しそうめん風流 極 (きわみ)」です!

この手の流し素麺器は色々なメーカーから出ておりますが、こちらの機械は他のものに比べて、麺の流れが良いと評判が高いそうです!

組み立てがちょっと手間という声も聞こえて来ますが、これをやると特にお子様は大喜びなのだとか!

流しそうめん2

 

 

電池で動くタイプですので、外に持ち出してアウトドアで楽しむというのもアリですね。

 

そういえば、今年はまだそうめんを食べていないなあと、ふと思う暑い夏の日でした。