イコサヒードロンフレームってどんな雑貨なの?

スポンサードリンク

 

今回は、インテリアで人気が出そうな不思議な雑貨を1つ紹介します。

 

ミニマリストとか断捨離がブームのせいか、最近のインテリアはシンプルなものが好まれる傾向があるなと思われます。

ですので、和モダンや北欧スタイルが人気ですね。

 

かくいう私も、一度断捨離をし、ミニマリスト生活を目指したことがあり、テレビまで処分するという暴挙に出ました。

でも、いざというとき、結構困ることもあります。

結局、現在はiPadで観ることができる専用チューナーを購入して閲覧しています。

 

さて、本題に入りますが、いくらミニマリスト的シンプルライフを送っていると言っても、殺風景すぎるのも寂しいですよね。

でも、せっかく手に入れたスッキリ感は失いたくない!

そんな時に、ワンポイントで映えるインテリア雑貨を1つ紹介しましょう。

 

20面体1

フレームで組み合わた多角形の立体ですね。

とてもスッキリとしたデザインです。

 

この雑貨はこんな風に使います。

20面体2

なるほど、グリーンを飾るのに使うのですね。

 

こちらの商品は「イコサヒードロンフレーム」と言います。

イコサヒードロン(イコサヘドロンとも)とはギリシャ語で正二十面体のことです。

 

見た目は確かにありふれた二十面体で、特に奇をてらっているわけではないのですが、それが逆に法則性を持った美しさがあり、シンプルな部屋にぴったりですね。

 

基本の使い方は、天井に吊るしてそのまま飾ったり、中に苔玉を入れたり、ちょっとしたグリーンを入れます。

ただ、それ専用に何か造作しているわけではなく、言ってしまえば、ただのフレームなので、いろいろと工夫できそうですね。

 

20面体4

例えば、お気に入りのミニチュア人形を入れてみたり、色つきのセロハン紙を買ってステンドグラスみたいに加工してもいいですね。

また、最近注目を浴びているマスキングテープを使って周りを貼っても面白いかもしれないです。ただし貼り方にセンスがいるので、いろいろと試してみてください。

 

どちらかというと、洋のインテリアに合わせやすそうです。

でも、工夫をすれば、和モダンやアジアンでも合わせられそうです。

なお、こちらのイコサヒードロンフレーム、S,M,Lとサイズが揃っておりますので、お好みに合わせて選んでくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました