マツコがインスタにケチをつけている理由がバカバカしすぎる件

スポンサードリンク

 

1年ぐらい前のことですが、テレビで「月曜から夜ふかし」を見ていたら、マツコ・デラックスが「インスタ映え」ブームについて、随分と暴言を吐いていました!

果たして、何が気に食わなかったのでしょうか?

 

マツコがインスタを嫌いな理由とは?

番組はタイトル通り夜中にやっています。

私も半分寝ぼけながら見ていたため、内容はよく覚えていませんでした。

後日、改めて確認してみると、出るわ出るわニュースサイトでその記事が(笑)

さらに、少し前には「マツコの知らない世界SP」でも同様なことを言っていたらしいです。

 

で、マツコがなぜそんなにインスタを毛嫌いしているのか、ざっくりまとめると、こういうことでした。

  • そもそも、インスタの何が楽しいのかよくわからない。
  • 「いいね!」がもらえると楽しいということ自体、理解できない。
  • 美味しい食べ物などの情報だったら、すでに食べログがあるから必要性を感じない。
  • インスタ映えだけの為に、食べ物を食べずに捨てる行為が許せない。

参考:ライブドアニュース『マツコ・デラックスの「インスタ映え」ブーム批判が拡散

 

まあ、食わず嫌いの一種なのですね。

もともとマツコは若い女の子が嫌いですしね。

結局、マツコ個人の意見というだけなので、どうってことないわけです。

インスタを好きにやらせてくれって話ですよ!

 

ただし、最後の「食べ物を粗末にする」というのだけは同意できますけど。

 

人は褒められて伸びるものなので「いいね」大いに結構!

マツコからしたら、結局はインスタブームに乗っかってのぼせている人たちを見て、バカバカしいと思っているだけなのでしょう。

(多分、こう発言しておけば視聴率も上がるなという計算高さもあると思いますが)

 

でも、単純に考えて「いいね」をもらうために一生懸命スマホで動画や写真を撮る。

たくさん「いいね」をもらうためにインスタに投稿する。

別にいいじゃないですか。

インスタだけでなく、twitterやFacebook、少し前だったらミクシー(mixi)だって同じです。

単純に楽しいですしね。

 

投稿を見て、よかったり気に入ったら「いいね」してあげるだけで喜ばれるなんで、なんとも簡単です。

それに、いいねをたくさんしてあげることで、何か減るろいうわけでもないのでどんどんポッチしてもいいじゃないですか。

投稿したユーザも「いいね」をたくさんもらったから、別に何かもらえるわけでもないですが、それでもやはり嬉しいものです。

 

少し難しい話になりますが、人の欲求の中には「承認欲求」というものがあり、他人に認められたいという欲求はやはりあるものなのです。

(政治家なんていい例、あれは欲望の塊ですから)

 

マツコは既にテレビなどにたくさん出ており、ある意味名声を得ているから、今更インスタなどのSNSで承認要求を得ようなんて思わないのでしょう。

でも、そうじゃない一般人はお互いに「いいね」しあうことで、欲求を満たしているのです。

それで人生が楽しければ、全然インスタ映えを狙うのは大いにありじゃないですか。

 

実際にやってみるとインスタにハマる気持ちがわかるかもしれない

実は私も最初は「何インスタなんかやってチャラチャラしてんるんだよ!」と多少軽蔑していました。

(というよりは「リア充いいなあ・・・」と羨ましかっただけかもしれませんが・・・)

 

そんな風に思っていた私も、なんだかんだでインスタやってます(笑)

View this post on Instagram

これはすごい! #室蘭工場夜景

きたかぐら(北海道のミニマリスト)さん(@kita_kagura)がシェアした投稿 –

 

昔投稿したものですが、こんな感じで。

 

本来はtwitterをやっているので併用することもないかなと思っていました。

でも、やってみると結構面白いですね(笑)

写真を乗っけるだけでいいねしてもらえるので、嬉しくなるのもなんかわかります。

 

また、インスタは投稿する際に写真を加工することができ、簡単にセピアやモノクロなどにアレンジできるのもいいですね。

私自身、まだ使いこなせていなく思考錯誤しながらやっているのですが、色々と楽しんでみたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました