【丸が巨人移籍確実】なぜ巨人に?昔は好きだったのに今は嫌いな理由

 

広島東洋カープの丸佳浩選手がFA宣言(フリーエージェント宣言)をして、その去就が注目されていました。

このまま広島に残るのか、それとも巨人かロッテに移籍か?

 

色々な意見があるでしょうが、個人的には広島に残留してほしい。

というより、巨人だけには行って欲しくない!

(ロッテならまだ許せる)

 

しかし、どうやら一番望まない結果になってしまったようです。

 

スポンサードリンク

丸が巨人へ移籍すると決めた決定的理由は?

2018年11月30日早朝、丸選手が巨人へ移籍することが確実というニュースが流れてきました。

 

この時点では正式発表ではないのですが、ここまで大々的に公表されたのであれば間違い無いでしょう。

 

さらにNHKですらニュースにしてしまっているので、決まりといっても過言ではありません。

 

巨人だけにはいって欲しくなかったという希望は絶たれてしまいました。

それにして、発表前にリークされてしまうとは、マスコミ各社もかなり取材に力を入れていたのでしょう。

特に野球は歴史がありますから、取材のルートなどもいろいろあるのでしょうね。

 

昔はあれだけ好きだった巨人、いつから金満体質になってしまったのだろう・・・

にしても、やはり巨人はなりふり構わず丸を獲りに来ましたね。

選手の獲得に金をかける割には結果が出せない巨人。

昔はこんな球団じゃなかったのに、いつからおかしくなってしまったのか?

 

自分が小さい頃は野球といえば巨人でした。

当時はナイター中継も楽しみにしており、ワクワクして観ていたものです。

あのことは原辰徳が現役全盛期、他にも魅力的な選手が多かったですね。

ほとんどが生え抜きの選手でした。

 

しかし、そんな巨人もなんか方向性がおかしくなり、応援しがいがなくなってしまいました。

そのタイミングはいつからだっただろうか?

多分、清原和博が巨人に移籍し、数年後に松井秀喜が大リーグへ行ってしまったあたりでは無いでしょうか。

 

それからの巨人は金にものを言わせ他球団の有力選手をなりふり構わず獲得し、生え抜きの選手が目立たなくなってしまいました。

そんなチームはたとえ強くても観ていてつまらないし応援する気にもなりません。

いつの間にか自分の中で巨人に対する熱意はおろか野球への興味も失せてしまいました。

 

当時は長嶋茂雄というカリスマが監督をしていましたが、やはり何か違いました。

逆に王貞治はダイエー(現ソフトバンク)へ行き、最強のチームを作ったのと対照的です。

 

巨人がこういう体質になって原因は、おそらくあの男が表に出てあれこれ言うようになってからです。

 

あのジイさんがいなくならない限り巨人は変わらないのだろう

あの男とは、言うまでもなく読売のドン、元オーナーのナベツネこと渡邉恒雄です。

巨人のオーナーになって、あれこれ口出しをするようになってから巨人はおかしくなったのです。

 

勝利至上主義は結構なのですが、そのやり方が金にものを言わせ有力選手を引き抜き、不要になったら捨てる。

新人から育てるということは少なくなりました。

さらに、あれこれ表に出ては口出しばかり。

(マスコミもそれを面白がって記事にしてしまっていましたが)

 

最悪だったのは、2004年のプロ野球再編問題、ストライキが起きた時の発言。

選手会側がオーナー側と話し合いを求めたのに対し、ナベツネが「無礼なこと言うな。分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が。」とほざいたのです。

自分が何でもできると勘違いした発言、当然各方面から猛反発を食らいました。

 

これでナベツネの権力も堕ちると思ったのですが、以前巨人軍内では権力を保持したままでした。

 

2018年の今でも健在、一時は死亡説も流れたものの、まだまだ巨人を操りたいようです。

 

自分のようなアンチ巨人はもちろん、今でも巨人を応援するファンとしても歯がゆいことでしょう。

人の生き死にをあれこれ言うのは不謹慎ですが、巨人のために現場からはお引き取りいただきたいと願うファンや関係者は多いのでは無いでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました