今でも新人研修で街頭の名刺交換をさせる会社はこの先危ないだろう

スポンサードリンク

 

先日、ふと自分が会社員(サラリーマン)をしていた時のことを思い起こしていました。

そんな中、1つ強烈に印象に残っていたことがありました。

 

それは私自身、やらされたことはないのですが、逆に声をかけられたことは何度もありました。

今思い出しても、なんとも気の毒でした。

 

街頭を歩いていると、突然「名刺交換してくれませんか?」と声をかけられる

それは、自分が新宿に勤めていた2014〜2015年ごろのことです。

 

仕事が終わり、オフィスから新宿駅まで歩いているとき、突然スーツ姿の男性から声をかけられました。

見るからに新入社員だなというのはわかります。

 

「すいません、研修でして名刺の交換で声をかけさせてもらいました。よろしければ名刺交換をしていただけませんか?」

 

もしかすると、あなたも同じような体験をされたことありませんか?

私自身も、覚えているだけで3~4度ほど声をかけられたことがあります。

 

当時、私は金融機関(銀行)の総務部に在籍しており当然名刺は持っておりました。

が、金融機関というのは個人情報の管理が徹底されております。

顧客情報はもちろん、社員の情報も必要なければ公開しません。

特に会社として名刺交換についての規約やルール等は定められておりませんが、むやみやたらに渡したりしません。

 

ですから、全て断りました。

 

なぜ街頭での名刺交換の研修を今でもやらせているのか?

まるで飛び込み営業と変わらないような、この研修。

当時でさえも、いまだにこんな研修やらせている企業があるのかとびっくりしました。

やらされている新入社員も気の毒でなりません。

 

一昔前であれば、こういう行動は有効だったのでしょうが、現在のようにネットなど情報網が発達している時代だと、なんとも非効率です。

それでも新入社員にこういう研修を課しているのはなぜか?

 

考えられることとしては、この2つしかありません。

  1. 新入社員の度胸づけ
  2. 企業・個人情報が入手できる

新入社員の度胸づけ

おそらく、名目としては新入社員に対して気合を入れさせるためなのでしょう。

きっと、昔から続いている行事の一環みたいなものではないでしょうか。

 

特に経営者が年配者だったり、古い体質の企業だと、もう恒例行事みたいなものになっているのではないでしょうか。

 

見ず知らずの人にいきなり声をかけるというのはかなり勇気がいることです。

最初は躊躇しますが、何度かやると慣れてしまうものです。

まるで、ヒッチハイクみたいですね。

断れれるのを前提に声かけしますから、だんだん最初の恥ずかしさなどが感覚が麻痺します。

 

今の時代、内気で人見知りが多い若者が多いことを考えれば、有効な研修と言えなくもないのですが・・・。

もっと他にやり方があるような気がします。

 

企業・個人情報が入手できる

新人の度胸づけというのは建前で、会社として本当に欲しいのはこれじゃないでしょうか?

 

今は個人情報の管理や企業コンプライアンスがうるさく言われる時代。

そう簡単に取引先や顧客情報を得ることができなくなりました。

 

昔はそういうことが緩かったので、比較的簡単に手に入ったのでしょうが、今はそうはいきません。

企業側も管理が厳重になり、部外者がオフィスに入ることが難しくなりました。

つまり、飛び込み営業もなかなかできない!

 

だから、言い方が悪いですが、新人を使って情報を得ようとしているのではないのでしょうか?

ちょうど40~50代ぐらいの世代であれば、自分たちが新人の時に同じようなことを経験した人もいることでしょう。

その層に声かけすれば、昔のことを思い出し、情に絆されて名刺交換しれる可能性もありますからね。

 

結構あざといやりかたですよね・・・。

それを新人にやらせて、上層部は楽しようとしているのですからね。

 

どう考えてみても時代遅れもいいところ、こんな企業に未来はない!

新人研修としての街頭での名刺交換。

新入社員の精神修行としてはいいかもしれませんが、一つ間違えるとパワハラになりかねません。

 

例えば、100人と名刺交換するまで帰れないなど、無茶なノルマを課したりすれば一発でアウトです。

 

ここまでくれば、もう疑う余地はないでしょうが、今の時代にこんな研修を課している企業、

ハッキリ言ってブラックです!

 

新人を追い詰めるやり方もそうですが、いまだにこんなやり方しかできない。

会社の体質が古いのがよくわかります。

 

 

体質が古いということは、時代に合わせて進化できていないということ。

そうなると、当然売り上げも下がりますし、いずれ倒産するのも目に見えてます。

つまり、こんな企業に未来はないということです。

 

もし、今後あなたが街頭で新入社員などに名刺交換してと声をかけられたとしたら、絶対に名刺交換してはいけません!

交換するだけで電話などしませんからというかもしれませんが、多分ウソです。

忘れた頃に会社に電話がかかってくるかもしれません。

あるいは電子メールで連絡をするなんてパターンもあります。

 

どちらにして、仕事中だと迷惑この上ありません。

場合によっては、上司に叱責を受けてしまう可能性もあります。

それを避けるためにも、不必要な名刺交換はやめたほうが無難です。

 

逆に、もしあなたがそういう会社に入社してしまったら?

先ほども言った通り、こういう会社は先がありませんから、なるべく早く退職したほうが良いでしょう。

そして、転職して次の会社を選ぶ時に、以前の失敗を教訓にしっかり情報収拾すれば良いのです。

きっとこの経験はあなたをまた1つ成長させてくれることでしょう。