乳首が黒いと〇〇とは本当か?ガセネタかもしれないので検証した結果

スポンサードリンク

 

すこし前に、ふとしたことがきっかけで、あることをリサーチしていました。

それは乳首の色が黒いと〇〇なのは本当なのか?いう疑問です

 

 

なぜお前がそんなことに疑問を感じるのだ!というツッコミが入りそうですが(笑)

まあ、色々と事情がありまして・・・。

 

今回は、乳首の色についての本当のところをちゃんと調べてみました。

 

乳首の色が黒いと、どう思われるのか?

世間一般的には、やはり乳首の色が黒いと、やはり恥ずかしいという風潮があるようです。

特に女子は、いざその時になった時にパートナーにどう思われるのか非常に気になってしまうのですね。

 

色が黒いとどう思われるのかというと、だいたい次のようなことが言われているようですね。

  • 歳をとるたびにだんだん黒ずんでくる
  • 出産をすると黒くなり元の色に戻らない
  • 黒いと遊び人だと思われてしまう

 

つまり、衰えると黒くなるという風に思われていることですね。

遊び人と思われるのは、いじられてばかりだからということでしょうかね・・・。

 

ただ、個人的に、パートナーってさほど色は気にしていないのじゃないか。

(あくまで私個人の意見ですが、どちらかというと大小や形の方が・・・、おっと喋りすぎたようだ)

 

でも乳首の色って、本当にそういうことをされたり、歳を取ると黒くなるものなのでしょうか?

 

乳首の本当の色は何色が正解なのか

では、乳首の色って何色なのが正解なのでしょう?

(もちろん、多少の個人差はありますが)

 

実のところ日本人、特に若い女性の乳首はピンクというのは少ないのだそうです。

若い女性はホルモンの影響で乳首の色素が濃くなるのが普通なのです。

 

つまり黒いと遊んでいるというのは、世間の間違った思い込みなのです。

それがいつの間にかそういう風なイメージが広まってしまったのです。

 

さらに、歳をとると黒くなるというのも間違いです!

閉経した熟年女性や、胸が大きく乳輪が大きいと乳首がピンク色な事が多いのです。

乳輪が大きい場合は、色素が広がり薄くなるからです。

歳をとると女性ホルモンの分泌が減ってしまうので、色が薄くなるのです。

 

つまり、乳首が黒いのは女性ホルモンが働いている証拠なのです。

ですから気にすることはないのですが、そうはいっても、やはり気になってしまうのでしょうね。

 

とにかく、黒いからといって病気とかそういうわけではないので、その点は安心してほしいものです。

 

では、若いのに乳首がピンク色である理由は?

でも、実際若くのにキレイなピンク色の子も確かにいるのです。

もし、あまりにも綺麗な色をしているのであれば、ほぼ間違いなく、何かしらの手入れをしていています。

手入れをする方法で多いのはレーザー治療、あるいは専用のクリームで乳首を脱色するケースが多いです。

 

乳首が黒くなる原因となっているのはメラニンと言われる色素、

その色が付着し、こびりついてしまった角質を落とすようにすれば落とすことは可能なのです。

 

レーザー治療の場合は、費用はそれなりにかかりますが、すぐに効果が出るので、時間をかけたくない時に利用することが多いようです

 

多少時間はかかってもいいので、費用をあまりかけずにじっくり薄くするのであれば、専用のジェルやクリームを使うのが良いでしょう。

最近では、様々な商品も出ております。

 

例えば、こんなアイテムなど。

 

最近のものは、乳首以外にもカサカサになりやすいひじやひざ、

毛の処理で痛めやすいワキの下、

さらにビキニラインやデリケートゾーンの黒ずみなど、1つで様々な部位に効果的なものもありますね。

 

 

 

日本人、それも若い時は乳首が黒いのは、いたって普通のことです。

でも、自分で気になってしまうと、ストレスになってしまうこともありますね。

 

もし、それで気を病むのであれば、クリームなどを使ってピンク色にすればいいのです。

これで悩みが解消するのであれば、それに越したことはありませんからね!

 

>>キレイな桃色に【キュートップ】公式サイトはこちら!