Googleアドセンスの無効から4年かかってアカウントを復活させた方法

スポンサードリンク

 

このブログ(月光ネットショッピング)をご覧いただくと、いろいろな場所に広告が散りばめられているのがわかるでしょう。

通常、この手の広告は「Google AdSense」で表示させていることが多いことでしょう。

 

しかし、自分の場合は訳あって別の広告プログラムを使っておりました。

(2018年9月時点で忍者AdMaxを利用)

以前はGoogleアドセンスを使っていたのですが、訳あって利用できなかったのです。

 

しかし、ようやくアカウントの無効化が解除され、再びアドセンスを利用できるようになりました!

停止になってから、およそ4年経っていましたが、まさか復活できるとは思っておりませんでした。

 

今回は、無効になった経緯から、申し立てをして解除されるまでの経緯について触れたいと思います。

 

アドセンスが無効になった理由は?

まず、アドセンスが無効になって経緯についてです。

 

普通は運営は気をつけていたのに、ちょっとポリシーに違反した画像や記事を書いたといったことであれば格好がつくのですが、そんなものじゃありません。

はっきりいうと、不正クリックです。

 

いうまでもなく、アドセンスの自己クリックは禁止です。

また、友人・知人に頼んでクリックしてもらうのもアウトです。

 

アドセンスを始めた当初は、毎日ではなく、時々やって、しかもアクセスするパソコンを変えれば大丈夫だろうとタカを括っていました。

 

しかし、Googleさんはやはりそんな甘くありません。

 

おそらくあまりにも偏ったアクセスが発覚してしまったのでしょう。

貼り付けてから2ヶ月ほどして、突然アカウントを停止されてしまいました。

 

思いっきりポリシーに違反していたのですから、こんな状態ですぐに申し立てをしたところでOKが出るわけがありません。

停止されてから2年ほどは間を開けたりして、何度か申請はしましたがダメでした。

(その間に、別のGoogleのアカウントを作って申請したこともありましたが、同一人物と見なされダメでした)

 

 

再開の申し立てをしたきっかけ

あからさまな違反をしたので、もうアドセンスの復活は半永久的にダメだろうと諦めていました。

その間、別の広告プログラムを使ったりしていましたが、思うような結果は残せませんでした。

やはり、それだけGoogleアドセンスはクリック型広告としては最強なのです。

 

最近になって、ブログの運営をさらに強化すべく、記事の見直しとアクセス数アップを目指す施策を始めました。

その中で、やはりアドセンスは組み込んでおきたいプログラムの1つであります。

 

アカウント停止からもう4年以上経過しております。

その当時のサイトもすでに閉鎖し、いまは別のサイトで運用しております。

 

なんとか復活できる道はないかと、色々と調べていたら、希望を見出せそうなある記事を発見しました。

Google AdSense - アカウントの無効からアカウント再開(復活)までの道程
僕と同じような、ある意味「不慮の事故によってアドセンスアカウントが無効になってしまった」方の参考になればと思い「Google AdSense - アカウントの無効からアカウント再開(復活)までの道程」をブログいたします。

 

この記事では、同じようにアドセンスが停止され、何度か申し立てをしたものの拒否されてしまっていました。

しかし、何度目かのチャレンジで復活することができたことが書いてありました。

 

自分の場合は、全く同じケースではないものの、相当時間も経っているので、もしかしたらイケるのではないかと希望が見えてきました。

 

停止から4年経っての再申請、そして再開!

というわけで、かなり久しぶりに無効なアカウントの申し立てをしました。

(申し立てはこちらのフォームより可能です。)

 

こちらに停止した時のWebサイト、再開後運用するWebサイトを記入、

その後申し立て内容を記入します。

 

この時は「前回の停止から相当期間が経過しました、この間サイト運営についても勉強してきました。今後はアドセンスの運用ポリシーを遵守するとともに、管理画面も頻繁にチェックし不正な動作を未然に防ぐよう運用します」ということを、もう少し丁寧に書きました。

 

そして送信、あとは返事を待つだけです。

 

ダメな場合は1日ぐらいで返事がきますが、今回は結構待ちました。

 

そして、申請から7日後、Googleから返信がありました。

そこには「AdSense アカウントを直ちに再開させていただきました。」の文字が!

 

もうダメかと諦めていたアドセンスが、4年以上の時を経て復活しました!

 

私の場合は、ほぼダメと思われていた違反でしたが、それでも復活できました。

申し立ての時に、特に難しいことを書いたわけでもありませんが大丈夫でした!

 

もし、アドセンスが深刻な理由で停止していても、相当期間が経過していれば、復活の可能性があります。

私の場合は4年以上でしたが、ダメ元でも申し立てする価値はあると思います。

現在は無事、アドセンスで運用しております。

 

以上、Googleアドセンスのアカウント無効を復活させた経緯についての話でした。