防弾少年団(BTS)がSONGSに出演!日本での人気の理由がわかった気がする

 

これも随分前に気になった件。

あまりK-POPに興味はないというか、全然わからなかったのですが、防弾少年団という名前は知っています。

このグループが他のグループよりも飛び抜けて人気があるなと、常々思っていたのですが、NHKのSONGSに出演して、それがわかったような気がしました。

 

NHKの人気音楽番組「SONGS」では日本のミュージシャンが出ることがほとんどです。

海外のアーティストが出ることはさほど多くありません。

出るとして世界中で人気のある大物ばかりという印象です。

 

そのSONGSに韓国に人気グループ「防弾少年団(BTS)」が登場!

 

K-POP系のアーティストがSONGSに出てくることも珍しいのですが、それだけ注目されている存在なのでしょう。

 

※余談ですが、女子高生を中心にK-POPのことを「Kぽ(ケイポ)」を略して言っているのを最近知りました。

 

スポンサーリンク

防弾少年団(BTS)を知らなければWikipediaが充実している!

ちなみに私はSONGSを見るまで防弾少年団(BTS)について知っていることは、

  • 韓国のアーティスト
  • 男性7人組

ということしかしか知らず、メンバーの名前や代表曲など全然知りませんでした。

 

時々FMのラジオを聴いていると、防弾少年団が紹介されることが結構あり、ランキングの登場回数も多いです。

それで自然と知るようになりました。

 

で、本格的に彼らのことを知るにはどうすれば良いか。

全く何も知らないのであれば、オフィシャルサイトが第一歩になるでしょう。

 

しかし、さらに深掘りしているのが、Wikipediaの防弾少年団のページです。

 

基本的な情報はもちろん、メンバー個々の紹介やエピソード、履歴なとこと細かく書かれております。

かなりのボリュームになりますが、防弾少年団を1から知るのであれば、ウィキペディアを見れば間違いないでしょう。

おそらく、ファンがしっかりと管理しているので間違った情報はないはずです。

 

印象に残った曲は「MIC Drop」かな

話はSONGSに戻ります。

今回は3曲披露されたのですが、一番インパクトがあり、個人的にも好きなのは「MIC Drop」という曲です。

 

防弾少年団(BTS)はヒップポップが土台になっております。

「MIC Drop」もその1つですが、予想以上の力強さに驚きました。

これは人気が出るわと正直に思いました。

 

人によっては他のK-POPアーティストと同じに見えるかもしれません。

ただ、なんとなく他とは違うような感じは受けました。

言葉にするのは難しいですが。

 

そのスタイルから、彼らをK-POPをいうジャンルに当てはめるべきではないのかもしれませんね。

 

韓国のアーティストが日韓関係が悪くても日本に進出してくる理由は?

本国韓国はもちろん、日本や中国、さらに欧米にも進出して人気となっている防弾少年団。

 

ところで韓国のミュージシャンは日本デビューをするときに、ほぼほぼ間違いなく日本語にして歌い直していますね。

そこまでして日本の音楽マーケットにこだわる理由はなんなのでしょう?

 

色々と理由はありますが、根本的な理由は韓国国内のマーケット規模です。

韓国国内のマーケット規模はさほど大きくありません。

なので、国内で人気が出ても売り上げなどはたかが知れております。

 

それゆえに、さらに規模を広げるため海外進出をするのです。

隣国の中国、香港、台湾などはもちろん、市場規模の大きい日本はやはり外せないのです。

 

そして日本のファンは歌詞の中身も重視していることが多いので、より深く伝えるために積極的に日本語で歌うのです。

さらに、より身近な存在となるべく、インタビューなども日本語で話そうと努力しています。

 

日韓関係の悪化もあり、韓国と聞くだけで毛嫌いする傾向もあります。

(どちらかというと韓国側の方が反日感情が強いような気がします)

そのリスクを背負ってでも日本に進出してくるのは、やはり日本の市場規模ゆえですね。

人口だけ考えれば中国の方が大きそうですが、やはり日本の方が市場として成熟しているということもあります。

何しろ世界中の音楽が入り、オープンな市場なので自分たちの立ち位置もわかりやすいです。

その日本で評価されるというのは、ある意味ステータスにもなっているのでしょう。

 

色々思うところはあるかも知れませんが、日本のファンに受け入れられるために、日本語バージョンを出したりするなど努力する姿勢は素晴らしいと思います。

せめて音楽のことに関しては、両国とも喧嘩せず仲良くしてもらいたいものです。