膣トレを簡単行う方法は履くだけの着圧下着がオススメのわけは?

 

このサイトでも以前取り上げたことがありますが、膣トレを行う女性が増えています!

膣トレは、そのままアソコがギュッと締まりが良くなるようになるためのトレーニングのことです。

 

膣トレを行う理由は様々です。

  • エッチをしているときにパートナーの反応がいまいち
  • なんとなく自分って締まりが良くないから相手ができないかも
  • 最近尿もれが・・・

 

ほとんどが相手と行為をするときのお悩みではあります。

しかし、尿もれなどの日常生活で深刻な影響を及ぼすというケースもあるのです。

 

尿もれするようになったからって、まさか紙おむつなんてつける年齢でもないし・・・。

それを防ぐ方法としても膣トレが注目されているのです。

 

今では膣トレの方法は様々なメディアなどで紹介されるようになりました。

しかし、どうも大変なものばかり・・・。

果たして自分にできるのかしらと心配になるのは無理はありませんね。

 

実は面倒なエクササイズ(運動)をせずとも、履くだけで膣レトができる下着があるのをご存知ですが?

当然、紙おむつやサニタリーショーツではありません!

 

 

れっきとした膣トレ専用の着圧下着です!

 

>>【ibzの着圧下着】公式サイトはこちら!

 

 

スポンサードリンク

そもそも膣トレとは何を鍛えるものなのか?

履くだけで簡単な着圧下着の説明をする前に、まずは膣トレとはどんなものか?

 

まず、膣が緩んでしまう原因は何なのか?

それは骨盤の底にある骨盤底筋の力が落ちてしまうからなのです。

 

骨盤底筋は膀胱や子宮、直腸を支える、そして膣圧を調整する働きがあリます。

でも、骨盤底筋は加齢や運動不足、妊娠・出産などで弱くなってしまうのです。

 

このまま放っておくと骨盤底筋は弱くなる一方です!

つまり膣も緩んだまま。

 

ゆるゆるでパートナーの反応もいまいちになってしまいます。

そして何より尿もれや生理のときが大変!

相手云々の問題ではなく、あなた自身の生活に支障が出るのです!

 

以前投稿した記事でも触れましたが、改善する方法は

  • おしり周りや下半身を中心とした筋トレ
  • 膣を専用のアイテムを挿入して引き締めるトレーニング

 

具体的に筋トレはスクワットなど下半身をメインに鍛えるトレーニングです。

もし、問題なければシェイプアップにもなり、ダイエット効果も期待できます。

が、今までそんなことしたことないとなると、自信がない!

 

もう1つ、膣に直接挿れて行うトレーニングも抵抗があるかもしれません。

 

パートナーのアレとかタンポンをいれるのとはちょっと違うし違和感を感じるかもしれませんね。

 

筋トレでもモノを挿れるのにも、そのための時間をとるのが面倒になったりしますよね・・・。

 

 

履くだけだったら面倒じゃないし締まりも良くなる!

このように膣トレに何からの不安を感じてしまうと思います。

とはいえ、緩んだのはなんとかしたい!

 

その悩みや不安を解決してくれるのが、膣トレ用の着圧下着なのです。

「ibz(イビザ)着圧下着」です!

 

見た目は、それこそスポーツ時の専用サポーターっぽいおしゃれなデザイン。

とてもこれが膣トレ用の着圧下着には見えません!

 

 

この通り骨盤周りをしっかりと包み込む!

そして、膣に近い骨盤底筋のあたりをグッと引き上げることで引き締めるのです!

 

つまり、履くだけで骨盤をサポートしてお尻周りの筋肉も鍛えられ、自然と膣を引き締めるられる!

 

これならば履くだけでいいですね!

 

>>【ibzの着圧下着】公式サイトはこちら!

「ibz着圧下着」の効果的な履き方と注意点

履くだけで緩みが気になる膣をトレーニングできる。

いつも履いているショーツをibz着圧下着に履き替えるだけで良い!

 

ibzは24時間好きな時に履いていても問題ありません。

 

 

長時間履いても不快にならないよう通気性の良い綿素材がベースになっています。

これならデリケード部分のムレもさほど感じることはないでしょう。

もちろん抗菌・防臭機能があるので常に清潔に保てます。

 

ただ、毎日履くことを考えられているので、一般的な補正下着等に比べると締め付け力は弱く感じるかもしれません。

あまり締め付けが強すぎると血液やリンパの流れが悪くなることがありますので、強すぎるのも良くないのです。

毎日履くととと、膣を締めることに特化しており、毎日履いても大丈夫です!

 

これでしっかり膣トレができ、締まりも良くなることでしょう。

もちろん尿もれなんてもってのほか!

紙おむつを履くのは、まだまだですよ!

 

>>【ibzの着圧下着】公式サイトはこちら!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました