「プチプラ」ファッションはパリジェンヌを参考に!お金をかけないおしゃれ着こなし術

 

最近、ショッピング系の話題で「プチプラ」というキーワードを見聞きすることが多くなりした。

プチプラは「プチプライス」の略で、安価であるもののお値打ち価格であり、高級ブランドでないが安くても良いものという意味で使われています。

 

一時は景気も回復したというようなニュースが流れたりしたこともありますが、実際のところそうは感じられませんね。

特に食品、生活品、ファッションは景気の影響を反映します。

今、プチプラがトレンドというのであれば、ファッションにさほどお金をかけられないということでなのですね。

 

とはいえ、やはり限られて中でもおしゃれには手を抜きたくない!

なんとかやりくりして楽しみたいものです。

 

 

そんなあなたに参考となりそうなのが、パリジェンヌのおしゃれ術です。

パリの女性といえば、とてもおしゃれというイメージがあり、実際に眺めていてもとてもセンスを感じます。

でも、実はみんながみんな高級ブランドを身につけているわけではありません。

 

スポンサーリンク

パリジェンヌのコーディネートはお金をかけない!

そんなパリジェンヌが実際にどんな着こなしをしているのか?

こちらについて、次のような記事を見つけました!

“パリジェンヌ”コーデってどんなファッション? お金をかけなくてもおしゃれな人のルール

お金をかければたくさんのアイテムが買え、好きな服を好きなだけ買うこともできますが、現実はそうもいきません。でも、限られた予算の中でおしゃれをすることは誰にでも可能です。
そこでお手本にしたいのがパリジェンヌたちのコーデ。彼女たちのテイストは「フレンチシック」とも呼ばれ、トレンドに流されることなく、本当に上質なもの&お気に入りのアイテムを着こなすのが特徴です。
「パリジェンヌ」「フレンチシック」。お金をかけなくてもおしゃれな人のヒントはそこにありました。

(以下略)

<2018年4月2日「BIGLOBE Beauty」内記事より引用>

 

なるほど、流行に流されず、本当に良いものをお手頃かな価格で手に入れて着こなす。

言われてみると、当たり前の話なのですが、それがなかなかできないのですよね・・・。

 

「フレンチシック」テイストの定番ファッションアイテム

では、パリジェンヌが実際にどんなファッションアイテムを着ているのでしょうか?

先ほどの記事内では、次のようなアイテムが紹介されていました。

①形がきれいなノンウォッシュのデニム

ノンウォッシュならきれいめかつ上品に着こなせるので、とにかく形にこだわった一本を。

 

 

②ボーダートップス

ボーダートップス×パンツを合わせるシンプルなコーデは、フレンチシックの定番、足元はヒールやパンプスが合います。

 

 

③シャツに柄スカートを合わせる

柄スカートで遊び心をプラスして女らしさを演出しましょう。

 

 

④バレエシューズ

ぺたんこでもフェミニンで品格漂うバレエシューズはシンプルコーデにぴったり。

 

 

こちらはあくまでも「フレンチシック」としての定番アイテム!

ボーダーはどうなの?と思ってしまったりします。

(ボーダーは着こなすのが難しいのですよね)

 

全て同じにするのではなく、自分の好みなどに合わせて、ちょっとアレンジしてみると幅が広がりますね。

 

しばらくはプチプラブームは続くかも

プチプラの例の1つとしてパリジェンヌの「フレンチシック」を取り上げてみました。

今はファッションアイテムを選ぶ環境はたくさんあります。

 

 

ユニクロ、GU、しまむらを始め、海外のファストファッションならH&M、ZARA、FOREVER21などもあります。

ネットでも楽天やamazon、ZOZOTOWNなどを探せばいっぱいありますし、メチャカリのようなファッションレンタルもありますしね。

 

うまく工夫すれば、自分好みのプチプラファッションを揃える環境はありますね!

着こなしに自信がなければ、インスタなどを探せばカワイイものもたくさん見つかることでしょう!