巨人がDeNAから井納・梶谷獲得で生え抜きがどんどんいなくなる

2020年のプロ野球もシーズンが終了し、次に話題になるのが選手のトレードです。

今シーズンも巨人も他球団の有力選手を獲得し戦力の補強を図っております。

最近の巨人は外から選手を獲得して、生え抜きの選手が本当に少なくなっております。

いよいよ巨人は自分のところで育てるのを諦めたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

巨人がDeNAの井納・梶谷を揃って獲得

最近1番インパクトがあったのが、横浜DaNAベイスターズの井納翔一選手と梶谷隆幸選手を獲得することが決定的になりました。

巨人はここ最近、他球団から多くの選手をとっています。

少し前には広島から丸が入団し、オリックスからは中島宏之選手が入りました。

ここ数年の巨人は外部からの選手の獲得が明らかに多くなっており、昔のイメージと変わりつつあります。

スポンサーリンク

 

巨人の生え抜きは坂本勇人くらい

昔の巨人は生え抜きの選手が多く活躍していたのですが、最近はほとんどいなくなった感じがします。

それこそ、現役で生え抜きで活躍しているのって坂本勇人選手くらいではないでしょうか。

あとは菅野智之投手と岡本くらい。

もちろん他にもたくさんいますが、どうしても名前が出てきません。

 

昔の巨人も他球団から有名選手のトレードはたくさんありましたが、それでも生え抜きの選手がたくさん活躍していたので、寄せ集めというイメージはほとんどありませんでした。

それが今では生え抜きで名前が上がるのが数人程度になってしまい、自分のところで育てることができなくなってきたような感じすらします。

スポンサーリンク

 

巨人は自分で生え抜きを育てるのを諦めたのか?

さらに巨人は菅野投手がメジャー移籍を志望しております、生え抜きの選手がどんどん減りつつあります。

このままだと、本当に巨人の生え抜きってどうなってしまうのでしょう。

 

別に外から選手を獲得して戦力をアップするというのは悪い方法ではありません。

現にサッカーのビッグクラブはそういうことは日常茶飯事です。

巨人もそれを真似して有力選手をとってもルール違反ではないので問題ありません。

 

しかし、それでも世間から変な目で見られるのは、結果が出ていないからです。

セリーグでは優勝しましたが、日本シリーズではソフトバンクに1勝もできずに破れました。

ソフトバンクなんて、それこそ生え抜きが多く若手も育ってきております。

そういう球団に歯が立たないとなると、巨人の今のやり方は果たしてあっているのかどうかと疑問に思われても当然です。

 

とにかく巨人が今のやり方を世間に納得させるには、結果を出すこと以外ありません。

そうなれば批判も少なくなることでしょう。

ただ、生え抜きの選手が少なくなるので、ファンはあまり巨人に対して愛着を持たなくなるかもしれません。

坂本勇人の2000本安打達成は11月中|その後に本田翼とゴールインか