月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

admaxヘッダ



家電・IT系・音楽

気分次第でデザインチェンジ!SONYの技術が詰まった腕時計

先日、いつも使っている腕時計の電池が切れ、ヨドバシに電池交換に持って行ったのですが、交換だけでも2000円ぐらいするのですよね。

多分、前回の交換から2年も経っていないので、頻繁に交換したら電池代だけでとんでもないことになりそうです。

今やAppleWatchのように充電できるタイプも出てきているので、普通の腕時計もそういう機能を盛り込んだものが出てきてもおかしくないのかなあと思っております。

どうも、店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

今回は、最近発売された、面白い腕時計を取り上げます。

 

1つあれば、いつでも好きなデザインを楽しめる腕時計『SONY腕時計「FES Watch」』

紹介する商品はこちらです。

 

少し薄い感じで、シンプルなデザインですね。

でも、この腕時計に最新の技術が詰まっているのです。

 

こちらは、ソニー(SONY)から発売された腕時計「FES Watch」です。

この時計の大きな特徴は電子ペーパーでできており、ボタン1つで文字盤とベルト部分のデザインを変えることができるのです。

 

全24種類の中から、その日の気分で好きなデザインを!

やり方は簡単です。

時計についているボタンを押すだけで、次々にデザインが変わります。

カラーはありませんが、モノクロだけでこれだけの表情が出せるのは面白いですね。

 

落ち着いたデザインですので、ビジネスシーンでつけていても違和感ありませんね。

通常は、時刻表示のない無地の状態になっており、時計を見る動作をすると、文字盤とベルトの柄が変わって時刻が浮かび上がる仕組みになっています。

 

さすがソニー、最新の技術はもちろん、デザインも凝っています

この腕時計「FES Watch」で使われている電子ペーパーは、薄くて、軽くて、曲げられて、待機電力がかからないため、常に柄を表示できるという特性を持っています。

新規開発の自社製ムーブメント、フルカスタマイズされた電子ペーパーとステンレスバックル、それらを日本国内の工場で作られています。

 

時計全体を 1 枚の電子ペーパーで作ることにより、フラットで薄く、スタイリッシュなボディを実現しました。

日本の電子製品はどうしても技術を前面に出しすぎるため、デザインは二の次というアイテムが多いのですが、ソニーは昔からデザインには定評があり、この製品でも、そのDNAはしっかり根付いているようですね。

 

最近はやりのスマートウォッチみたいに、スマホと連動する機能などはついておりませんが、そこまで求める必要のない方にとっては、それで十分ではないでしょうか。

デザインと技術が両立した、新しい形の腕時計、今後こういうのが増えるかもしれませんね。

 

admax記事下

スポンサーリンク

-家電・IT系・音楽