月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

admaxヘッダ



家電・IT系・音楽

コーヒーのHARIOがスピーカーを作るとこうなった

2017/10/10

最近はレコードやカセットテープなど1970〜80年代に音楽を聴くのに使われた機器が20代を中心に人気が出ているのだそうですね。

その時代にまさに使っていた世代からすると、CDやMD、そのあとにパソコンやスマホに音楽を取り込んで聴けるようになり便利になったと感じているのに、なぜカセットテープでわざわざと思いますよね。

曲の頭出しは面倒ですし、ランダム再生はできない、そしてテープは伸びたり劣化して音は悪くなるのに・・・。

レコードはまだいいとして、カセットについては多分一時的なブームで終わりそうな気がします。

 

どうも、店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

 

最近の主流はBluetoothスピーカーですかね

一部、レトロな機器で音楽を楽しむといったブームはあるものの、今となってはほとんどがパソコンやスマホに取り込んだ音楽を再生するのが主流になっているのではないでしょうか。

実際に聴く方法は、ヘッドホンやイヤホンを差し込んだり、付属しているスピーカーで楽しんだりしているのでしょうか。

ヘッドホンなどはいいのですが、パソコン・スマホについているスピーカーは性能は悪くないものの、やはり本格的に聴くには物足りないですね。

そうなうと、やはり専用のスピーカーが欲しいところです。

今では、無線で通信するBluetooth方式のスピーカーが主流で、いろいろなメーカーから出ておりますね。

本格的なものになると、BOSEやJBLなどの老舗メーカー、リーズナルブなものだと、ANKERのものが注目されておりますね。

 

 

スピーカーのデザインバリエーションも多種多彩に

Bluetoothスピーカーが数多く出回ってくるのと同時に、デザインも多種多様になり、オーディオ専業メーカー以外のところからも、面白い製品が販売されるようになってきております。

その中でも面白かったのが、コーヒーメーカーやコーヒー器具で有名なHARIOのものです。

HARIOといえば、以下のような、コーヒーをドリップして入れる製品が有名ですよね。

 

まさか、こういうメーカーがスピーカーを作ると思えないのですが、本当に作ってしまったようです。

で、どんな風になったかというと、このようになりました!

 

ドリッパーの形を生かしつつ、インテリアにもマッチしたスピーカー「OTOHIKRI」

これを見ると、スピーカーには全然見えませんね。

普通にお部屋に飾ったらおしゃれな雑貨の1つにしか見えません。

 

 

こちらは「OTOHIKARI」という製品で、Bluetooth(ブルートゥース)対応のスピーカーで、さらにLEDのライトもついております。

繊細なガラスがまたいい雰囲気を出しておりますね。

お好みの音楽と柔らかなあかり、そしてひとつひとつ丁寧に手づくりされたガラス細工のきらめきを楽しむことができますよ。

 

 

音質にこだわる方にとっては物足りなさはあるかもしれませんが、これでコーヒー片手にジャズやクラシックなどを聞いたら、とてもリラックスできるのではないでしょうか。

 

admax記事下

スポンサーリンク

-家電・IT系・音楽