疲れ目に目薬ではなく「メニオン」をタッチ!

仕事柄、パソコンやスマホの画面を見る時間が多いので、知らず知らずのうちに疲れが溜まっているのですよね。

昔は何時間見続けても平気だったのですが、最近は辛いですね。

ひどい時には頭が痛くなり、そのまま1日中引きずることもありますからね。

やはり適度に休憩は取らないとダメですね。

今回は、疲れ目によく効くアイテムを取り上げます。

 

スポンサーリンク

疲れた目は温めるのが効果的

紹介する商品はこちらです。

 

なんか不思議な形をしていますね。

どこかで見たような気もします。

ちょっとしたマッサージ機にも見えます。

このアイテムはこのように使うのです。

 

ほほう〜、このまま目に当てるのですね。

実はこれ、目を温めて疲れを取る商品、hushtime目元用menion(メニオン)と言います。

 

目を温(オン)するからmenion(メニオン)なのかな?

メニオンという名前、なんかロボットみたいな名前にも聞こえなくはないですが、うまくネーミングしましたね。

目に温、あるいはon(のせる)という意味合いがあるのでしょうね。

これを思いついた時はしてやったりと思ったのではないでしょうか。

 

 

さて、このメニオンは、目に当てて使うアイテムなのですが、実際に当てるとじわーっと温かく疲れをとってくれるものになっております。

よく、飲食店や喫茶店などで、温かいおしぼりをもらった時に、それを目に当てるとスッキリした経験をおもちではないでしょうか。

メニオンはそれと同じ効果を狙ったもので、実際、医療現場でも目の周りを温める「温罨法(おんあんぽう)」と呼ばれる看護技術もあるのです。

 

コンパクトで邪魔にならないデザイン

長時間PCやスマホを見ていると目に負担をかけますが、実はまばたきの回数も少なくなり、さらに目に負担がかかりやすくなります。

仕事などの合間にこまめに目元を温め、適度な休憩をとることは目のリフレッシュにおススメです。

メニオンであれば、コンパクトなサイズなので、持ち運びも便利です。

またスタイリッシュなデザインですので、デスクの上においても違和感がないですね。

 

使い方も簡単で、メニオンを持ちスイッチを入れると10秒ほどで温まりますので、あとは目に当てるだけです。

暖かさのレベルも3段階ありますので、その時の状況に合わせて設定できるのがいいですね。

 

使わない時は、専用の台に乗せて充電をさせておけば、いつでも使う準備ができて便利ですね。

目を酷使することが多い現代、目のケアにも気を使う必要がありますね。

 

 

なお、片目だけのタイプなので、片方を温めながら、もう片方の目で画面を見るという使い方もできますが、なんかせわしないですよね。