ビックカメラのオリジナルブランド家電「TAG line」が高コスパでお得!

4月になり、いよいよ新生活のスタートを切った方も多いのではないでしょうか。

中には何も変わらず引き続き同じ生活の方もいるかと思いますが、それでもちょうど良い区切りの時期ですね。

しかしまあ、なかなか景気の良い話が少なく、プレミアムフライデーで一部の人間だけ馬鹿騒ぎしている状況もどうかと思います・・・。

 

今回は、ニュースで興味深い家電を扱っていたので、取り上げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

やはり日本はまだまだデフレ脱却ができない、格安商品人気のわけ

今回紹介するのは、一人暮らしの方向けのお得家電なのですが、その前にこちらをご覧ください。

「新生活消費」にも“値下げ”“格安”…

ビックカメラでは、先月からオリジナルブランド「TAG Line(タグライン)」を発売。監修したのは、高いデザイン性で話題の振興家電メーカーのアマダナ。冷蔵庫は2万4,800円。電子レンジは7,980円と、いずれも低価格帯。来月9日までのフェア中はセットで買うとさらに安くなります。冷蔵庫と電子レンジをセットで購入すると、通常よりも3,000円程安い、2万9,800円。オーブントースターと炊飯器と電気ケトルの3点では、2,000円ほど安い、9,980円。購入する客は主に新社会人が多いという。

(中略)

セブン‐イレブンは4月19日から、ティッシュや洗剤などメーカーの日用品61種類を値下げします。新生活の始まりで日用品の需要が増える一方で、節約志向の高まりも考え、スーパーやドラッグストアの価格に近付けました。

<2017年3月31日 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」サイトより一部引用>

 

うーん、よくテレビや雑誌などでは、高機能の家電が売れているような記事を書いておりますが、実際に生活していて、そんなところにお金をかける余裕などないという方が多いのではないでしょうか。

日用品も然り!

ほとんどの方は少しでも費用を抑えようと必死になって安いものを探し求め、企業もそれを感じ取り、できるだけ安いものを提供して利益を上げようと努力をしているのです。

それを感じ取れず、増税のことばかり考えている政府と財務省を含めた各省庁の方々はどう思うでしょうね。。。

 

格安でデザインが良いビックカメラの「TAG line」に注目

このニュースで注目したいのが、ビックカメラのオリジナルブランド(プライベートブランド)である「TAG line」です。

まさか、ビックカメラでこういうことをしているのを知らなかったのですが、これがすごいのです!

なんと、デザイン家電で定評がある「amadana(アマダナ)」とコラボしているのです。

これを見れば、そのデザイン性の高さは一目瞭然ですね!

最近は大手家電もデザイン性を追求し始めておりますが、それでも全然スタイリッシュではないですね。

大手も性能ばかり追いかけ、それ以外何もせずあぐらをかいていると、シ○ープや東○の二の舞になってしまうかもしれませんよ。

SANYOなど買収されてAQUAになってしまいましたしね。。。

 

家電も次の潮流が来ているのかな?

今は家電もメーカーの名前だけで買う時代ではなくなって来ましたね。

基本的な機能はほとんど変わらないですし、普通に使っていれば故障することも少なくなりました。

そうなると、家電を選ぶポイントは「安さ」と「デザイン」になりますね。

まさにビックカメラの「TAG line」はそれを象徴したオリジナルブランドと言えるでしょう。

(おそらく、他の量販店も追従する可能性あり)

今回は洗濯機と電子レンジを取り上げてみました。

 

冷蔵庫は一人暮らしとしてもかなり小ぶりなタイプですが、とりあえず一時的に冷やして保管できれば良いというのであれば、悪くないです。

そして電子レンジ!

かなりデザインにこだわっていますね。

 

インテリア的にもマッチしますね。

もし、オーブン機能が不要で、買い替えを検討している方にも候補の1つになりそうです。

今ならセットで買うとさらにお得というにも嬉しいですね。

何かと物入りが多い新生活、コストをかけたくないところは抑えつつ、お気に入りのデザインのものを選ぶにはもってこいですね。

 

 

 

この「TAG line」が成功すれば、新たなラインナップが増えたらいいですね、

テレビや空気清浄機などは人気商品になるかもしれませんよ!