憧れのイヤモニが手軽に作れる!「DECIBULLZ (デシブルズ)カスタムイヤホン」

スポーツジムでのトレーニングやランニングで、自分の好きな音楽を聴きながら運動をすることがあるのですが、なかなかフィットしたイヤホンに出会えないでいます。

そんな中、これは面白いと思ったイヤホンを見かけましたので、今回はこちらを取り上げたいと思います。

 

スポンサーリンク

ミュージシャンが使っているイヤモニが自分も手軽に作れる?

紹介するアイテムはこちらです。

 

見た目は普通のカナル型イヤホンですね。

こういうタイプだったら、どこにでも見かけますね。

実際に取り付けるとこんな感じになります。

 

 

なんと、赤い部分が耳にしっかりフィットするのです!

よくミュージシャンがライブなどで耳にしているイヤホンっぽいですね。

そう、イヤーモニター(イヤモニ)っぽいです。

実はこちら、自分の耳に合わせて成形できるタイプのイヤホン、「DECIBULLZ (デシブルズ)カスタムイヤホン」です。

先ほどの画像でいうと、赤い部分を自分の耳に合わせて加工できるようになっているのです。

 

実際のイヤモニはかなり値の張るものですが・・・

歌手やミュージシャンが最近よく耳にするイヤモニ(イヤーモニター)、あそこから裏方さんの指示や、音源が聞こえるようになっています。

大きいライブ会場だと音が反響して、演奏している音が聞き取りにくいので、イヤモニから流れる音をガイドにして歌ったり演奏したりしているのですね。

 

ところで、あのイヤモニ、見た目はチープな作りに見えますが、実際は殆どがオーダーメイドなのです。

シリコンを耳に注入して型を取り作っているので、数十万ぐらいする代物です。

もちろん、一般人が作っても良いものなのですが、そこまでするものでもないですしね。

 

でも、あのフィット感は装着していて良さそうだなと感じますね。

特にスポーツをしている時は、外れがちになるので、フィットしたのが欲しくなるものです。

 

 

「DECIBULLZ (デシブルズ)カスタムイヤホン」なら自宅で簡単に成形可能

しかし、今回取り上げた「DECIBULLZ (デシブルズ)カスタムイヤホン」は、お手頃価格で、イヤモニのようにできてしまうのです。

方法は簡単です。

 

 

イヤーピース(図の赤いもの)をお湯につけて柔らかくし、そのあと耳につけて形を整えるだけです。

5分ほどで固まり、あっという間に自分にあったイヤホンが完成です。

気分はまるでミュージシャンですね。

装着すれば激しい運動でもずれることもなく、何と言っても密着しているので、音が漏れることなくストレートに伝わり、今まで聞いていた音楽が新しく聴こえることでしょう。

なお、お湯につけ直せば、何度でも加工できますよ。

今まで満足したイヤホンに出会えなかった方も、これなら自分の耳に合わせられるので、納得の装着感を得られるでしょう!

 

 

音質については、もう少し改善が必要との声が聞こえてきますので、それは今後の課題ですかね。。。