1万円以上でも次々売れる!花粉症の救世主!くればぁの 日の丸マスク「ピッタリッチ」

冬になると、スギ花粉は毎年のように猛威を振るいます。

花粉症持ちの方は、毎度のことながら、頭を悩ませる問題ではないでしょうか・・・。

そして、花粉症対策グッズに注目が集まるのも同じですね。

 

スポンサーリンク

花粉症対策は、やはりマスクが一番

花粉症対策といえば、いろいろあると思います。

少し前には、花粉症にかかりにくくするようにヨーグルトをたくさん食べる、べにふうきの緑茶をたくさん飲むというのがブームになりましたね。

実際、私も花粉症によく効くといわれたビフィズス菌BB536が含まれた森永ビヒダスヨーグルトを食べたのですが、結局全く効果がありませんでした。

結局、花粉を吸い込んでしまったらダメなのです。

 

 

やはり、花粉症の予防は、花粉を吸い込まないこと、部屋に持ち込ませないことが確実です。

そうなると、やはりマスクが一番いいのですね。

 

 

半年待ちのオーダーメイドマスクがすご過ぎる!

先日、たまたま「今でしょ!」の林修先生が出演している「林先生が驚く初耳学!」を見ていた時に、すごいマスクが紹介されていました。

なんでも手にするまでに半年待ちというマスクです。

 

 

こちらは「くればぁ」という会社で作られている日の丸が入っているマスクなのですが、これが大人気なのだそうです。

利用者の顔の形に合わせてオーダーメイドで1つ1つ手作りするため、完成品を手にするまで、半年以上待つこともあるのだそうです。

驚くべきはその価格!

なんと1万円以上するのです!

マスクで1万円もするというのでも驚きなのですが、それでも購入希望者がたくさんいるというのが、またすごいです。

 

こちらの会社は、もともと縫製会社で、金網から医療用のメッシュの製造を手掛けております。

ある日、懇意にしているお客さんが花粉症に苦しんでいるのをみて、自社の技術でマスクを作れないかと考え、試しに作り装着して見たところ、花粉症の症状がピタッと止まったそうです!

 

 

1万分の1ミリ単位の超高精度メッシュが花粉をシャットアウトしたのです。

その噂はあっという間に広がり、フィギュアスケートの羽生結弦選手も愛用するまでになりました。

 

オーダーメイドでなくても良いなら既製品を

これだけの評判でしたら、花粉症で苦しんでいる人は、1万円以上しても欲しくなりますよね。

でも、オーダーメイドで半年以上も待てないという方も多いでしょう。

そこはさすがに既製品がちゃんと出ております。

 

 

既製品とはいえ、1万分の1ミリ単位の超高精度メッシュはそのまま利用されております。

これで花粉はもちろん、PM2.5もシャットアウトしてくれます。

その評判を聞きつけ、海外からの注文も多いようですね。

 

 

今はテレビなどのメディアでも取り上げられることが多くなった日の丸マスク「ピッタリッチ」!

そのうち街に日の丸の姿を多く見かけるかもしれませんよ!