8畳もこれ1つで十分!コンパクトでパワフルなセラミックヒーター

エアコンが設置されていたマンションに暮らしていた頃は、冬もこれで過ごしていましたが、思ったように温まらず寒い思いをしていた店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

やはり暖かい空気は下から上に動くので、暖房機器低い位置にあるものがいいですね。

エアコンだど、どうしても足元は寒いですからね〜。

 

スポンサーリンク

最近は性能が向上してきたセラミックヒーター

エアコンがダメであれば、それ以外に使える暖房機器というのは石油・ガスストーブなどの本格的なもの、最近話題のパネルヒーター、そしてセラミックヒーターというところでしょうか。

 

石油・ガスストーブは本格的な暖房機器なので、温まるのは当然ですが、一つ間違えると火事になる危険性があり、特に小さいお子様がいるご家庭だと気が気ではありませんね。

安全性を考えるとパネルヒーター、オイルヒーターなどが候補に上がります。

最近は性能も上がり、とても温まりますが、なにぶんコストがかかるのですよね。

そして、セラミックヒーター。

こちらも電気で温めるタイプですが、かつては脱衣所やトイレなど狭い空間を温める補助的な役割というものでした。

しかし、最近はセラミックヒーターの性能が上がり、主力の暖房機器としても使えるものが登場しております!

 

8畳の広さもあったかくなる!「山善(YAMAZEN) セラミックヒーターDF-J121」

今回取り上げるのがこちらのセラミックヒーターです。

こちらは山善(YAMAZEN)の セラミックヒーター「DF-J121」です。

とにかく、コンパクトサイズですが、驚くのはとても温まることです!

実際の画像を見てもこんな小さくて大丈夫なのと思うぐらいなのですが、これがまたすごいのです。

 

本来は脱衣所、キッチンなどで足元を温める補助的な役割ですが、子供部屋ぐらいの大きさ(6〜8畳)ぐらいの広さの部屋も暖かくなるのです!

実際の利用者からも8畳の部屋でも十分暖かいという声が多く聞かれております。

 

電気代もおトク、安全対策もバッチリ

電気で温める暖房機器というのはどうしてもきになるのが電気代がどれぐらいになるかということですね。

でも、最近のものは省エネ設計されておりますので、それほど気にやむようなことはありません。

 

このセラミックヒーターも1時間でおおよそ30円程度ですので、今までのものに比べればぐっと安くなっております。

 

そして、何よりもセラミックヒーターは火事などの心配が少ないのが嬉しいですね。

これならお子様の部屋でも安心して使えますし、万が一転倒しても安全装置が付いているので、自動的に電源が切れるようになっています。

ネット上でも評価が高く、amazonや楽天で売り上げランキング上位につけておりますので、利用者からの評価も高いことがわかりますね。

 

 

この大きさであれば、一人暮らし用にもこれ1つあれば十分ですね!