月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

medi8ヘッダ


家電・IT系・音楽

意外と見かけない3つ口コンセント対応の逆設置アダプター

2017/10/18

家電を設置する際に、アースをつけることの重要性を当初は認識していなかったのですが、実はつけないというのが、かなり無謀だというのを最近知った、店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

アースをつけないで使うと、どうなるかについては、あえて語りませんが、今までよく問題なく使えていたのは、とてもラッキーだったなあと感じております。

今回はそんなアース取り付けで、ちょっと困った、実際の体験をもとに取り上げるアイテムです。

 

3つ口のコンセントの対応方法

ご家庭でアースが付いている家電をコンセントに差し込む際、コンセントのタイプとして多いのはこういうものですね。

 

2つ穴のコンセントに、アースと取り付けるネジの部分があるタイプが多いですね。

ここに、あの緑のアース線をくくりつけるというのが一般的です。

しかし、中にはこういうコンセントもあったりします。

3つ穴のコンセント、アースの部分も緑の線ではなく、そのまま差し込めば良いというやつですね。

実はこれが結構困りものなのです。

 

家電で3つ口のコンセントがない!

3つ口(3つ穴)のコンセントにそのまま差し込めるケーブルというのは、ほとんど見かけません。

パソコンなどの機器ではよくあるのですが、いわゆる白物家電では2つ口+アース線というコンセントがほとんどです。

(イメージ)

 

もし、これを3つ口のコンセントにつけるとなると厄介なのです。

(実際、私の家のトイレのコンセントがこのタイプで、シャワートイレを取り付ける際、アース線を取り付けるのに悩んだのです!)

中にはアース線を3つ口コンセントの穴にそのまま入れてしまうということもできなくはないですが、やはり途中で外れてしまうというリスクもあります。

これに対応したアダプターを見つけなければいけません。

よく3つ穴コンセントを2つ穴+アースに変換するアダプターはホームセンターなどにいけば、すぐ見つけられます。

 

 

でも、その逆「2つ穴+アース線」を「3つ穴」コンセントに変換するアダプターというのが、なかなか置いてないのです!

 

店舗にないのでネットショッピングで購入した「ELPA逆接地アダプター 」

では、そういうアダプターがないのかというと、そんなことはなく、ちゃんと用意されているのです。

 

こちらはELPAの逆接地アダプターの「2P+アースリード→接地2P」の変換タイプです。

これがなかなか実店舗にないのです!

これを見つけて、ようやくトイレにシャワートイレを取り付けることができました!

 

 

もし、このタイプのアダプターをお探しであれば、なかなか店舗で見かけることはありません。

店舗を探し回ると疲れ果て、時間の無駄になる可能性が高いのでネットで買ったほうが早いかもしれませんよ。

 

medi8記事下



-家電・IT系・音楽