月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

admaxヘッダ



家電・IT系・音楽

見た目はレトロだけど、すごく打ちやすそうなキーボード「Qwerkytoys(クオーキートイズ)ワイヤレスキーボード」

2017/10/18

最近はノートPC中心の作業のせいか、やはりタッチタイピングがやりにくいなあと感じてることがあります。

思い切ってデスクトップにするか、専用のキーボードを用意しようか悩んでいる店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

最近は、PCもノートが主流になっており、しかもプライベートではスマホやタブレットが普及しているので、キーボードでタイピングするケースが減少しているのではと思われます。

そのためか、ノートパソコンのキーボードもあまりタイピングに注力していないのではと懸念をしているところです。

薄いキーボードより、叩きがいのあるものがいい

スマホやタブレットでの文字入力、そうフリック入力が早い人を見るとすごいなあと思うのですが、長年パソコンのキーボードでの入力に慣れてしまっていると、やはりそちらの方が使いやすくていいんですよね。

今でも仕事ではまだまだPCが主力ですしね。

(でも、いずれそれもなくなり、スマホのような小さい情報機器で仕事をする時代が来るのかもしれませんね。)

キーボード入力に慣れている人からすると、タッチタイピングにはこだわりのある人が多く、キーボートも自分好みのものを選んでいますね。

既製品のキーボードでは物足りないんですよね。

 

入力していて楽しくなりそうなキーボード「Qwerkytoys(クオーキートイズ)ワイヤレスキーボード」

今回は、ちょっと面白そうなキーボードを見つけてきました。

 

なんか、昔のタイプライターっぽいですね。

(知っている人はいるのだろうか)

知っている人には懐かしく、知らない人には新鮮なキーボード。

これはれっきとしたbluetoothのワイヤレスキーボードなのです!

 

昔のタイプライターのような円形のキートップが凹んだデザインが逆に新鮮です。

そして、タイプをするとカチカチとした音も出るため、いかにも叩いているという感触、感覚を味わえます。

 

また、キーボード本体左上にレバーがありますが、これははキャリッジ・リターン・レバー(改行レバー)と呼ばれるもので、昔のタイプライターでは、行の終わりまで来たときにこのレバーで次の行頭へと紙を移動していました。

このキーボードでは、 Enter キーとして機能するようになっておりますが、設定により、他の機能を割り当てることも可能です。

 

レトロっぽさを狙ったのか、本気でタイピングにこだわったのか?

このキーボードは、ただレトロというわけではありません!

先ほども触れたとおり、入力の感触にかなりのこだわりがあるのを感じさせます。

特にキーボード入力が得意な人ほど、その感触にハマることでしょう!

カタカタという音と、実際に叩いている感覚に夢中になり、仕事もはかどることでしょう!

 

また、このQwerkywriterにはタブレットを収容することができるスタンドが付いておりますので、タブレットやスマホの入力にも便利です。

キーボードのタイピングにまだまだ不満がある方、何かインテリアに合うようなキーボードをお探しの方にぴったりの一品と言えるでしょう。

 

このキーボードを使うときのBGMはルロイ・アンダーソンの「タイプライター」で決まりですね!

 

admax記事下

スポンサーリンク

-家電・IT系・音楽