月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

admaxヘッダ



家電・IT系・音楽

国産の新品50インチテレビを6万円台で手に入れる

2017/10/16

一時期ミニマリスト生活に憧れて、26インチの液晶テレビを売却して、iPadで見ることのできるチューナーを手に入れました。

今もそれでテレビを見ていますが、やはりそろそろ大画面のテレビが欲しくなってきた店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

昔ほど見たい番組もなくなったのと、ネットで動画を楽しめるようになったことで、テレビを見る機会は減っておりますが、それでも全く見ないわけではないんですよね。

そろそろ新しいものを買おうかなと思ったりします。

 

性能の向上ばかりアピールして価格ばかり上がるテレビ

今は普通ですが、10年ほど前は液晶テレビはまだまだ高級品で、26インチぐらいでも10万円以上するのはざらでした。

それが、どんどん技術の進歩と普及でどんどん安くなりました。

 

これでテレビの市場も盛り上がると思ったら、今度はより鮮明な画像を映し出すことに力を入れ、それに伴い価格もどんどん釣り上がって行きました。

家電量販店などにいくと、テレビコーナーで目立つのは4Kや8Kといった高性能のテレビばかりです。

一般的な製品は隅に追いやられ、店員さんも積極的にセールスをしません。

 

そりゃあ、性能が良くて高いものを売れば、メーカーも量販店も利益が出るので、積極的にアピールするのはわかりますが、そういうものを購入する顧客というのが全体に対してどれぐらいいるか考えないのですかね。

どう考えてもそんなにたくさんいるわけありません。

まだまだ給料が上がらない時代に、みんながみんな数十万円もするテレビを買うと思っているのでしょうか(笑)

昔は技術をアピールすれば売れたかもしれませんが、今はもう、それだけでは売れません。

そこを見間違えてしまったせいで、シャープや東芝といった家電メーカーが苦しむ結果になったのは周知の事実です。

 

既存の技術を生かしリースナブルな価格で成功したジェネリック家電メーカー

こんな調子なので、テレビ市場も縮小して日本ではもうテレビは売れないと、どこぞのコメンテーターか評論家が力説していましたが、そんなマーケティングをしていれば売れるわけがないのは、一般人でもわかります。

もっと、消費者のニーズを拾い上げる必要があります。

そう、もっと安く、それなりに綺麗に楽しめる、手頃に手に入れることができるテレビです。

そこに目をつけ、成功したのがジェネリック家電ブランドを展開する日本のメーカー「maxzen(マクスゼン)」です!

ジェネリックという言葉は医薬品でよく聞く言葉だと思いますが、マクスゼンでは余計な機能は省き、必要な機能に絞った家電を創るというコンセプトを打ち出しております。

それを「ジェネリック家電」という言葉で表現しています。

主にテレビを中心に洗濯機、電子レンジで商品展開しております。

 

手軽な価格で誰でも大画面を楽しめる時代に

マスクゼンでは現在、液晶テレビが主力商品となっており、小型のタイプから大画面のものまで揃っております。

その中でも、最近注目されているのが、こちらの50インチのテレビです!

 

パッと見た目は、国産メーカーのテレビと大差ありませんよね。

画質もこれだけだとわかりにくいのですが、なかなか綺麗です。

そして、これで価格がぐっと抑えられているのです。

しかも国産の新品商品でですよ!

 

 

実際に商品の評価も概ねよく、楽天やyahoo!ショッピングなどではランキング上位に入る、隠れた人気商品なのです。

特にテレビでCMを展開しているわけではなく、口コミだけで成功したネット時代を象徴したものですね。

今は、メーカーの名前だけで売れる時代は終わりました。

性能が価格相応にしっかりしており、それが消費者のニーズに合致して入れば、新興メーカーでも十分入り込む余地がありますね。

何と言っても信頼性の高い国産メーカーというのが大きいですよね!

これだけで十分安心して候補に入りますね!

 

今は、まだそれほどメディアに取り上げられていませんが、今後2、3年のうちに注目されるメーカーになると思います!

今後の商品展開が非常に楽しみです!

 

admax記事下

スポンサーリンク

-家電・IT系・音楽