富士山をイメージしたイルカナのコーヒードリッパー

コーヒーはブラック派の店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

今やコーヒーは生活に欠かせない飲み物だという方も多いのではないでしょうか。

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s

 

飲み方も多種多様で、コーヒーショップや喫茶店で本格的なコーヒーを楽しむ方、コンビニコーヒーも良いという方、家でインスタントコーヒーで十分満足という方など、様々だと思います。

 

スポンサーリンク

家で本格的コーヒーを楽しむのであれば、やはり手入れのドリップ

今では、家庭でも本格的コーヒーを楽しめるようになりました。

コーヒーメーカーを使ったり、1杯づつ入れるドリップコーヒーで飲んでいる方なども多いかと思います。

でも、本格的にこだわる方は、やはり手入れのドリップでいれるのがいいですね。

3398ca3f0b860bdb38c9ddfe4f39948f_s

手間はかかりますが、自分好みに調整できますし、香りもひと味違います!

巷にはコーヒーの淹れ方についての本もたくさん出ておりますので、プロでなくても、本物に近いコーヒーを楽しめますね。

 

ドリップコーヒーを楽しむなら、富士山タイプのドリッパーを使ってみては

コーヒーを自分に入れることに凝りだすと、道具もそれなりのものが欲しくなりますよね。

とはいえ、それほど大掛かりなものは必要なく、ドリッパーとポット、それと豆にこだわるならコーヒーミルを用意するぐらいですね。

意外と少なくて済みます。

となると、こだわりの道具はドリッパーになるのですが、最近はこんなものも出ているようです。

%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%91

 

これ、見た目だけだと山型のオブジェ、ちょっと富士山を意識したものなのかなと思わせますよね。

でも、これがコーヒードリッパーとして使うと聞いたら、想像できるでしょうか。

%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%92

 

この画像で見ると、なるほど納得ですね(笑)

 

Made in Japanの逸品”MT.FUJI DRIPPER”

こちらの製品は、ILCANA(イルカナ)の「MT.FUJI DRIPPER(富士山ドリッパー)」です。

誰でも気軽に使えるようにと開発された新しいドリッパーです。

%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%93

 

軽量のステンレス製ワイヤーボディが今までのドリッパーの概念を変えていますね。

こちらは、金属生産が盛んな新潟県燕市で作られた日本製製品で、かつ「メイド・イン・ツバメ」の認証も受けております。

使い方は、一般的なドリッパーと同じく、ポットにセットして、あとはドリップするだけです。

このドリッパーで淹れたら、もしかすると富士山にいるような雰囲気を感じされるかもしれませんよ!

 

富士山型のドリッパーに富士山で採水された天然水を入れて飲むコーヒーなんて、ちょっとオツですね(笑)