まるで指輪みたいな爪やすり!無駄にクオリティが高い!

 

爪は深爪派の店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

 

爪を切るときは、白い部分があると嫌なので、昔から深爪でした。

とりあえず長くなければいいやと思っているので、ヤスリなど滅多にかけません。

切った時に尖っている部分を少し削る程度で、それも爪切りについているヤスリでやっています。

男性については爪のケアはこんなのもじゃないかと思うのですが、最近では男性でもマニキュアをつけていたりするので、すごいケアをするのでしょうね

 

スポンサーリンク

爪のケアは大変

私みたいに爪は短ければいいやと言う方は別ですが、女性はやはり指先から綺麗にしている方が多く、爪にはマニキュアを塗る方もいれば、ネイルアートで綺麗にデザインされていたりと、大変そうだなと本当に思います。

 

77c008c1f5f6fad8fd7f20ab37f7167a_s

特に女性の場合は爪が長い方が多いので、私などから見れば普段の生活で邪魔にならないのかなと疑問に思ってしまうのですが、慣れればそうでもないのでしょうね。

それにしても、あれだけ綺麗な爪を保つのはケアも大変です。

ただ爪を切ればいいと言うわけではなく、綺麗な形に整えたり、爪にツヤを出すために磨いたり、マニキュアのノリをよくするためにケアも必要です。

 

cc900482c912dfc5bd2c3b0d5e0e4292_s

それだけでたくさんの道具類を使うので、おしゃれをするのも楽じゃあないですね。

 

おしゃれ以外にも爪のケアをする場合はありますね

でも、爪のケアは何もおしゃれだけのためにするわけではないですよね。

特に料理をする方や手先で精密な作業をする方、珍しいケースではギタリストなど爪で音を奏でる音楽家・ミュージシャンなど、探してみると結構いるんですよね。

 

4edca5674386f06ee23f7e5e087eaf27_s

さすがに爪にツヤを出すなどというところまではしないでしょうが、先端の処理などは綺麗にやすりがけするなど、丁寧にケアをしている方は多いことでしょう。

また、それを怠ると、爪が弱い方など割れてしまうこともあるらしいですから。

おそらく本格的なヤスリで手入れをするのでしょうが、もっと簡単にできるヤスリもあるのです。

 

見た目は指輪か指ぬきか?刃物の産地から生まれた爪やすり

そのアイテムというのがこちらです。

 

%e7%88%aa%e3%82%84%e3%81%99%e3%82%8a%ef%bc%91

見た目は、本当に指輪みたいですね、あるいは裁縫の時につける指ぬきみたいですね。

でも、これが実は爪やすりなのです。

実際の使い方はこんな感じです。

%e7%88%aa%e3%82%84%e3%81%99%e3%82%8a%ef%bc%92

これなら、すごく簡単そうですね。

ドーム状に窪んだ凹曲面部があり、荒い面と細かい面がついています。

指を左右にスイングするだけで簡単に荒削りと仕上げ削りができます。側面の平面部は直線削りができます。

 

%e7%88%aa%e3%82%84%e3%81%99%e3%82%8a%ef%bc%93

しかも、刃物加工では定評のある岐阜県関市でつくられておりますので、品質は保証済みです。

これを使ったら、他の爪やすりは使えなくなりそうですね。

コンパクトなサイズなので、持ち運びも楽ですし、ちょっと気になっても、すぐにケアできます。

 

ちなみにこちらの商品は、新聞広告に出ていたものから見つけました。

たまに、ヘェ〜と思うような掘り出し物があるんですよね。