トイレでゴルフが捗るぞ!

未だにゴルフというと接待のイメージがあり、あまりやりたくない店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

昔ほどではありませんが、サラリーマンが出世するのにはゴルフが必須科目のような時期がありました。

出世のためやってみたら意外と楽しかったという方も多いのではないでしょうか。

どうせなら楽しく、スコアを伸ばしたいと思いますよね。

7dceaa49a2c2be7d07ba2d86347d00c5_s

 

そのためなら練習が不可欠です。

忙しい日常の隙間時間を利用して、少しでも腕を上げたいという方は、ぜひこちらのアイテムをどうぞ!

 

スポンサーリンク

おトイレタイムも無駄にしない!カップインして身も心もスッキリ!

紹介する商品はこちらになります!

トイレゴルフ1

 

トイレは決してリラックスするだけの空間ではありません。

1秒たりとも無駄にしないビジネスパーソンは、こういう時こそ鍛錬するものです!

トイレでできるパター練習セット「トイレットゴルフセット」です。

マットをグリーンに見立てて、見事にカップに沈めましょう!

 

ドライバーの300ヤードも、グリーンの1センチも同じ1打

ゴルフの練習というと、第一打目で、どれだけ距離を稼げるかがポイントと言わんばかりに、とにかく筋力をつけ、フォームをしっかりと思っ切り飛ばすのだと、打ちっぱなしでドライバーの練習ばかりしていませんでしょうか。

でも、知っての通り、ゴルフはカップにいかに少ない打数で沈めるかを競うゲーム、グリーンに乗ってからが本当の勝負という人もいるぐらいです。

であれば、ドライバーと同じぐらいパットの練習もするべきなのです。

トレゴルフ2

 

昔、大事なタイトルがかかった一戦で、ジャンボ尾崎がほんの数センチのパットを沈めれば優勝という時に、あまりの緊張のせいか手がしびれてなかなか打てなかったという逸話もありました。

プロでさえそうなのですから、パットというのは如何に神経を使うのかうかがい知れますね。

だからこそ、パットの練習を重ねることで、ここ一番という時に成果が上がるというものです。

 

おもちゃみたいと侮ることなかれ、これを沈めてこそ一人前!

ここで語るまでもなく、ゴルフにおいてどれだけパットが重要かはお分かりだと思います。

トイレでやるパットのセットなど、暇つぶしにしかならないと、普段の鍛錬を怠っていると本番で十分力を発揮できません。

たとえ座ったままでも、グリップの握り方、力の入れ方などいくらでもトレーニングは可能です。

リラックスした中でも、一時の緊張感を持ってゴルフに取り組みのも悪いものではありませんよ。

 

トイレゴルフ3

 

なお、付属のトイレットペーパーにパットの極意?が述べられているので、しっかりと心に刻んてからお尻を拭きましょう(笑)

 

なお、夢中になりすぎてトイレを占領すると家族から恨みを買いますので、時間を決めて集中して取り組みましょう!