「土下座マグカップ」越後屋はもう古い!今の世でのお詫びの品はこれ

 

一度でいいから山吹色のお菓子をもらいたい店長兼管理人のGekko(@Gekko_netshop)です。

 

長い人生、どうしても失敗することってありますよね。

個人的なこと、会社での失敗、様々です。

そんな時、相手に対しお詫びや謝罪などをしなくてはいけない場合もあります。

 

スポンサーリンク

基本はやはり誠意なのかな

どうしても謝罪をしなければいけない場合、どのような形で謝りますか?

基本はとにかく申し訳ない気持ちを伝えるため、黙って頭を下げることしかできませんね。

ただ、腹黒い奴やプロクレーマーなどは、なかなか頑固で、しかも誠意を見せろと、それとなく金品を要求してくる場合もありますね。

(口に出すと恐喝罪になるので、思わせぶりな感じて行ってくるんですね、でも最近はそれでも捕まるようですね。)

で、仕方がないので、昔は時代劇方式でこんな品を送ったりしていました。

 

マグカップ3

(※あくまでもイメージです)

まあ、これは行き過ぎとして、やはり気持ちをなんとか伝えるしかないので、最終手段はこれしかないですね。

 

 

a01da118e47485d49a96ca57d85006cb_s

そう、土・下・座!

体を折り曲げて、相手に対して完全に屈伏する、屈辱以外の何物でもないですが、こうするしかないのですよね。

 

そこまで卑屈になる必要がない場合は

でも土下座は最終手段、しかも100%自分に非があり甚大に損害が出た場合など、相当なことがない限り、そんなことしたくないですよね。

中には、大したことがないのに、そういう詫びを要求する輩もいたりしますね。

そんな場合、お詫びの気持ちを伝えるのでしたら、こんなものはいかがでしょうか。

 

マグカップ2

 

「もうしません」

そして、しっかりと土下座する人形さん。

こんな場合に一役買ってくれそうな「土下座マグカップ」です。

とても真面目にお詫びをしている図なのですが、受け取った方はなんかクスッと笑ってしまいますね。

これなら頑な気持ちも緩んで許してくれるでしょうね。

 

お互いに和解ができた暁には、このマグカップを使って乾杯すれば、さらに絆は深まるでしょう!

一見ふざけているようにも見えるマグカップですが、シーンによっては状況を逆転させることができるかもしれないアイテムになることでしょう。

 

ただし、あまり面識がなく、相当怒り狂っている人に対して、これを渡した場合、さらに逆上する危険もあり、さらなる修羅場が待っています。

逆に、何も悪くないのに詫びを要求する理不尽な輩に対しては、これを渡して、さらに発狂させるという嫌がらせをするという使い方もありありますが、身の安全はしっかり守ってくださいね(笑)