R18

インナーボールで膣トレしたら実は気持ちいいので手放せなくなったりしないだろうか?

 

昔なら、こんなに大々的に話題になることはなかったでしょうね。

 

「膣トレ」

 

文字通り、アソコの締まりをぎゅっときつくするためのトレーニングのことです。

 

数年前にはNHKに朝の情報番組でも取り上げられらことがありました。

その時は有働由美子アナウンサーが声を出してヘロヘロになりかけたことで話題になりました。

 

基本的には下半身を引き締めるエクササイズで行うトレーニングですが、中には道具を使って行う場合も。

例えば、このようなものを直接アソコに挿入して。

 

 

最初に思うのは「こんなものが入るかしら」

でも次第にこんなものを挿れたら変な気分になってトレーニングどころじゃないのではと。

 

ところが、結構本格的なトレーニンググッズとして売れていたりするのですよね。

 

>>「LCインナーボール」公式サイトはこちら!

 

 

直接引き締める「膣トレ」は効果があるのか?

一般的にメディアなどで紹介される膣トレとは

  • スクワット
  • ヨガ
  • おしりの穴を締めるエクササイズ
  • 骨盤の改善トレーニング

等々、ほとんど筋トレや体を鍛えるエクササイズと変わりません。

 

膣は括約筋と言われる筋肉が使われており、これを鍛えるにはスクワットやおしりの穴を締めると行った運動が効果的なのだそうです。

そのため、膣トレの1つとして行われております。

 

でも、より締まりが良くするのであれは、直接膣を刺激して鍛えるというのが良いのです。

 

そのような時に使うのが「インナーボール」など、膣に直接入れて締まりをよくするためのアイテムです!

 

そのうちの1つ「インナーボール」は医療用器具にも使われるシリコンの一種を、エラストマー素材というものを使っており、膣を傷つけることもなく安心です。

 

実は膣トレで改善される効果は色々ある

インナーボールを使った膣トレに方法は簡単。

 

インナーボールを直接膣に挿入し、10分間程度引き締めを意識しながら、落ちないようにします。

最初はボール1つ、慣れてきたら2個分入れて行えば、締まりの効果もアップします。

 

 

膣トレを行うのは、締まりを良いアソコでパートナーを満足させ、より深く愛し合うことがメインでしょう。

でも、それ以外でも膣トレを行うことで改善されることがあります。

 

それは

  • 産後の膣の緩み改善
  • 緩みによる尿もれ防止
  • 膣トレによる下半身を中心としたシェイプアップ

 

特に歳をとると、体力とともに筋力も衰えます。

それは膣の締まりも同様。

 

年齢的に膣の緩みなんてと考えがちですが、緩むことで尿もれなどを引き起こす可能性があります。

尿もれを防止するには、やはり尿道や肛門周りの括約筋を鍛えるのが効果的!

括約筋を鍛えるのに最適なのが膣トレなのです。

 

そして括約筋を鍛えると、周りの筋肉も自然と鍛えられます。

特にお腹周りやおしり、太ももに効果的で、下半身太り防止にもなりますよ!

 

膣トレは女性らしい艶っぽさを出し、女性ホルモンの活動も活発になります。

それゆえに、40代50代以降の女性も膣トレはオススメなのです!

 

 

>>「LCインナーボール」公式サイトはこちら!

 

 

 

「インナーボール」利用者のホンネは?

どうも、これって膣トレというか、別の目的に使われそうな気もしないでありませんね。

(例えば、自分自身で慰めたり。パートナーがオモチャにしていたずらするなど・・・)

 

公式サイトでは、実際に試して効果バッチリ!というコメントも出ております。

が、インスタではこんな投稿がありました。


これを使って締まりが良くなったとか、そういうコメントはさすがにないですね。

とはいえ、実際に使っている愛用者がいるのはわかりました!

 

基本的にはスクワットなどのトレーニングで良いでしょうが、より締まりをよくしたいというのであれば、使ってみるのもありですね。

特に尿もれとかだと洒落になりませんから、ゆるいのをなんとかしないといけませんね!

 

 

>>「LCインナーボール」公式サイトはこちら!

 



 

admax記事下

スポンサーリンク

-R18