コスメ・衛生医薬品・ダイエット

ビールを飲んでダイエット?何とも怪しいネタの真相は?

 

ダイエットの話題は1年中何かと取り上げられますね。

でも、やはり露出も多くなり解放的になる夏になると、より盛り上がりますね。

 

ダイエットについては、本当に〇〇ダイエットと色々ありますね。

中には本当に効果があるか怪しいものも多いです。

 

そして、今回は非常に怪しさ満点の記事がネットに出現しました!

 

ダイエットの大敵とも言えるビールで痩せるだと!

それはなんと、ビールを飲んでダイエットしようというもの!

普通に考えられば暴挙といわずにいられないようなことです。

 

 

その記事と「暑い季節にぴったり♪美味しいビールでダイエット!」というタイトルで投稿されていました。

 

まあ、ウーマンニュースというところが書いたものをニコニコニュースが拾っています。

それだけでもなんとなく怪しさが感じられます。

 

ビールでダイエットはこんな内容

実際にビールでダイエットできるとはどんな根拠なのか?

記事の内容を読んでみましたが、簡単に整理するとこういうことでした。

 

  • ご飯(炭水化物)の代わりにビールを置き換えるダイエット
  • ビールに含まれるカロリーは実は脂肪になりにくいエンプティカロリーである
  • 実は糖質も低く350ml缶でご飯茶碗の4分の1しかない
  • ビールには整腸作用もある(ただし根拠は書かれていない)
  • ただし、酒のつまみに脂っこいものは避けヘルシーな枝豆を
  • もちろん飲み過ぎもいけない
  • 糖質が0などん発泡酒などだと尚良い

 

読んでわかる通り、めちゃくちゃですね。

どう考えても、ビールを飲みたいがために無理やりこじつけた感じですね(笑)

 

それにビールに整腸作用があるなんて初耳です。

多分麦とホップが原料だからということで、そう思ったのかもしれませんね。

 

ダイエット以前にビールを飲むことのデメリットを考えるべし

唯一許せるとすれば、糖質が少ないということぐらいですね。

それだったら他にも糖質が少ない食べ物はいくらでもあります!

 

そもそも、ビールを飲んだ時に体に与える影響もしっかり考えなくてはいけません。

 

まず、ビールはそもそもアルコール(お酒)です。

アルコールを飲むと、体内の水分を奪います。

水分不足はダイエットの大敵!

そう考えると、ビールを飲むことはダイエットに反しています。

 

そしてダイエット以前にアルコールを飲むと肝臓に負担がかかります。

酒を飲むと、肝臓でアルコールを分解するからです。

 

 

つまり、どう考えてもビールを飲んでダイエットなど、ありえないというわけです!

先ほどの記事を鵜呑みにしてしまうと、ダイエットどころか、もっと大変なことになりかねません。

 

どうしてもビールを飲んでダイエットしたければ、ノンアルコールビールを飲むのがいいのではないでしょうか。

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-コスメ・衛生医薬品・ダイエット