ファッション系

浴衣で草履を履いていても生足を晒したくない時に便利なタイツ・ストッキング

 

夏の時期の足元は、いつものパンプスやシューズではなくサンダルを履くことが多くなりますね。

また、最近は浴衣がブームで、その時の足元は草履になりますね。

 

浴衣は見た目もそうですが、実際に着ても涼しく感じますね。

その代わり着付けとは大変ですが・・・。

 

しかし、1つ困った問題が!

 

夏でも生足を出すのは恥ずかしい

先ほども触れた通り、夏になるとサンダルなどを履く機会が多いですね。

そしてサンダルを履くとなると、ちょっと解放的な気分に。

 

そうです。ついつい短いスカートやショーパン(ショートパンツ)を履きたくなる!

そこまででなくてもハーフパンツぐらい履着たくなりますね。

 

当然ながら当然足を晒すことになります。

 

若い時であれば、まだきれいなので、そのまま生足でも平気。

でも徐々に生足のままだと恥ずかしくなってくるのですよね。

せめて肌色のストッキングでも履いて綺麗に見せなくちゃと思ってしまいます。

ちょっと暑いのぐらい我慢して。

 

草履やビーチサンダルタイプでも履けるストッキングがあれば

そのためか、夏でサンダルを履いていてもストッキングを履いている女性は結構いますね。

それでもこういうタイプのサンダルであれば問題はありませんね。

 

 

 

ただし、草履やビーチサンダルのように親指と人差し指の間に引っ掛けて履くタイプのものだと困りますね。

何しろつま先までそのまま覆ってしまっていますから、履くことができません。

 

それであれば、レギンスやトレンカならば大丈夫かもしれませんが、肌色のものというのはあまり着痛いことがありません。

黒などのレギンスであれば、着こなしによってはビーチサンダルぐらいは大丈夫かもしれませんが。。。

 

でも、さすがに浴衣だと合いませんとね。

浴衣だったら裾まで隠れており、生足が出ることもほとんどありません。

それでも万が一とか、冷え性なので心配ということもあるでしょう。

 

要は足袋みたいに先が割れている肌色のストッキングやタイツがあればいいのですね。

実はちゃんとあるのです!

 

 

 

もともとは和服用だけど浴衣でも使えそう

それは福助から出ている「足袋用タイツ」です。

もともとは和服を着る顧客向けに作られたもので、浴衣までは想定していないものです。

 

それでもちゃんとつま先は足袋のようになっておりますので、草履がすんなりと履けるようになっています。

 

 

着物専門の雑誌でも紹介されており、結構ヒットしているようです。

 

ただし1つだけ弱点が!

それは防寒用に作られているため、夏に履くと暑い!

 

そのため暑くても生足を見せないようにしたいかどうかがポイントですね。

ただ、夜などは夏でも多少冷えることがあるので、冷えに弱いのであれば、結構良いかもしれませんね。

 

まあ、こういうストッキング(タイツ)もあるということだけでも知っていても損は無いと思います。

 

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-ファッション系