ビートたけしがのめり込んだ数学書「虚数の情緒」

少し前、テレビ番組「たけしのニッポンのミカタ!」を見たときに、たけしさんが読んでいる数学の本が紹介されていました。

確か軍団の方が、殿が喜びそうなプレゼントをしようとして選んだのがこの本だったのですが、実はもらう前にたけしさん自身が自分で購入していたと言うエピソードも紹介されていました。

その本が吉田武氏が書いた「虚数の情緒―中学生からの全方位独学法」です。

タイトルに「中学生から」とはありますが、1000ページもある大作で、かなり奥深い内容になっております。

たけしさんが実際に買った本を披露していたのですが、所々に数式がメモされており、かなり読み込んだことをうかがわせております。

 

なかなかこう言う本が書店などで表に出てくることはないのですが、これを見つけたときは嬉しかったでしょうね。

数学が好きだったら、一度は読んでみたい一冊。

手元に置いて、時間をかけてゆっくり読んで行きたいですね。

 

 

もし、この本が大変ならば、同じ著者のこちらから始めるのもいいかも。

これで数学を奥深さを知ると面白くなるかも。

オイラーは、さらにチャレンジしたい方向け!