月光ネットショッピング【新館】

ネット通販の気になる商品を、独断と偏見で紹介しています。あなたのライフスタイルを変えてくれる出会いを見つけてください!

medi8ヘッダ


ファッション系

18金の喜平ネックレスは身につけるより、資産として保有するのが良い

 

このいかにもという存在感のあるネックレス。

成金趣味だったり、いわゆる夜の世界の人間が存在感を示すために身につけるようなやつですね。

このタイプのものを喜平ネックレス(きへい)と言われています。

初めてこの鎖を作った「鈴木喜平」さんからと言う説、騎兵隊が懐中時計の鎖に使用したなど、由来は色々ありますが、日本由来なのですね。

喜平には、二面喜平、六面ダブル喜平、八面喜平など色々タイプがあるのです。

 

とはいえ、これを身につけるとなると、なんか違和感があり、変な目で見られるのではないかとか、色々考えてしまいますね。

でも、考え方によっては、これが今後大いに役に立つ時が来るかもしれません。

 

特に18金などで作られた喜平ネックレスは、それだけで資産価値が高く、1つ持っていると何かと役に立つかもしれません。

金そのものの価値と喜平ネックレスとしてのデザイン性が高ければ、今後の情勢によっては購入時より価値が上がることも十分に考えられますよ。

中華圏(華僑の方)などが、よくこういうネックレスをつけているのは、資産を身につけて保有するためなのです。

 

身につけなければ、汚れもつかないので、金などを買う代わりに、こういうのを1つ代わりに持っておくという考えもありでしょうね。

 

medi8記事下



-ファッション系